みんなの為の合宿免許情報

合宿での運転免許取得という方々も、教習所の学科教習というものがあります。合宿での運転免許取得にしようか通学の免許取得にしようか迷っていた人たちは、合宿免許にしてやっと落ち着いたという感じではないでしょうか。

しかし、いままで、そのようなことに迷っていた人たちは、合宿での運転免許取得でどのような勉強をするのか……ということが全然わかっていなかったのではないでしょうか。

そのような人たちのため今回、教習所の学科教習についてお話しします 。

おすすめの合宿免許:ムーチョ

教習所の学科教習について

まずは、合宿免許に行かれた方々は、学科教習には第一段階、第二段階からスタートします。

学科教習には、第一段階では、自動車を運転するのに必要な交通ルール、マナーについてしっかり勉強しましょう。

路上に出るまでにこれだけのことは知っていなければならないということです。

また、第二段階においては、更に必要とされる運転する上での知識を身につけます。今回は、ちょっと専門的知識ということになり、交通事故防止やら、高速道路での運転やら、特別な状況下の運転、自動車の保守点検と言った項目です。

学科教習は、運転免許取得を持っていない方々は、第一段階は「10時限」、第二段階は「16時限」、合計26時限を受ける必要があります。

1段階と2段階で行われる授業の時限数は、1時限50分です。

教習所の学科教習の内容

運転免許取得のためには、技能だけでなく学科教習も大事です。

しかし、学科教習は、ただ聞いていればいいと思っている人たちもいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなモチベーションでは、合宿での運転免許取得で運転免許取得をしてもすぐに交通事故を起こしてしまうかもしれませんよ。

クルマは、いつだってすぐに凶器になりうるものです。

合宿での運転免許取得での学科教習とは、安全な交通社会をつくっていく上で守らなければならない基本的なルール、マナーをしっかり学ぶために勉強しなければならないものです。

合宿免許でも、遅刻して来たり、居眠りしていたりすれば、技能と同様ハンコをもらうことができないこともあります。合宿免許は、非常にスピーディーに運転免許取得することができる方法だということは事実です。しかし、あなたのモチベーション次第ではそうではないことも多々起こりうるということです。

第一段階は特に、運転者の心得、信号についてなど基本的な知識を学ぶことが多く、ついついそんなことは最初から知っていると思ってしまうかもしれません。そのモチベーションがアウトです。